FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 13

オーグの主要メンバーとの初顔合わせの日、そしてヴェーネとの再会の日は、あいにくの雨でした。
会議室に向かったレイクは、真っ先にヴェーネの姿を見つけます。
「また…逢えたわね」と、ヴェーネ。「ヴェーネ…なのか…?」と、レイク。
ヴェーネが「ええ…私よ」と言うと、二人は互いに歩み寄りました。
レイクとヴェーネの再会
ヴェーネは自分が無事だった理由を、ユアン達が助けに来てくれたからと説明しました。
ユアンがオーグのリーダーとして挨拶すると、レイクはヴェーネを助けてくれたことについてお礼を言いました。
そして、よろしく…と挨拶しかけたところで、突然赤ん坊の時の記憶が蘇ります

自分をイリエナに預けた男性が、「シリアは死にました。此奴を産み落として…。早く此処から消えないと、此奴まで巻き込んでしまう。預かって…呉れますね?」と話し、イリエナが赤ん坊の名前を尋ねると、「レイク・ランドヴェリー」と答える男性。「何時か、迎えに来れますか?」と尋ねるイリエナに対し、「やがて時が満ちて、その時にまだ俺が生き残っていれば…否、必ず生き残ってみせます」と答える男性。
イリエナが必ず迎えに来るように言うと、男性は「最後に…もしこの世に天使が存在し、地上に舞い降りてきたとしたら何をすると思いますか?」という謎の質問をしました。イリエナは「きっと幸せをくださるに違いありません」と答え…
男性は、「ならば、この言葉を贈ります。ごめんなさい。本当に、ごめんなさいと言いました。

…記憶から現実に戻ったレイクは、ヴェーネに対して少し下がっててくれと頼みました。嫌な雰囲気を感じたヴェーネは「お願い、乱暴なことはしないで…」と言い、下がります。
「ユアン・オースティンか。…分かってるな?「分かってるさ。親父だ
ユアンがそう答えた途端、レイクはユアンを殴り、野郎ッ!今まで何してやがった!能くも今更ツラ見せられたモンだな!母さんにあんな死に方させやがって!と捲し立てました。
周りの人々は急いでユアンからレイクを引き剥がそうとしますが、
放せーッ!この野郎だけは許せねえッ!おいてめえ!今まで母さんの墓参りに来たか!花の一本でも手向けたのかよ!墓作って終わりにしてんじゃねえよ!何とか言えーーッ!!!!
…結局、その後は話し合いになるはずもなく。残されたユアンは「やっぱりな…」と呟きました。
まだ会議室に残っていた老人…ドナルドは「当然だ。全部お前さんが撒いた種だろうに」と言いますが、ユアンは「シナリオ書いたのは爺さんだろ?」と言います。ドナルドはそれを責任転嫁だと言いますが、シナリオとは一体…?
「根は…深いな…」と呟くユアンに対し、「母親を孤独の裡に死なせ、以後墓参りにも来なければ自分を迎えに来る訳でもなし。父親らしい事なぞ、本当に何もしておらん。それが22年に渡って積もり、レイクの心に深く深く根を張っていると、ドナルド。

部屋に戻ったレイクは、ヴェーネに対して「さっきは悪かった」と謝りました。
ユアンを殴ったことについて…ユアンのことは如何でも良いけれど、ヴェーネに悲しそうな顔をさせてしまったから
「とんだバカ息子…母さんだって、そう思ってるだろ?と言うレイクに対して、「気付いていたのね…」と、ヴェーネ。
一緒に居て、懐かしい気持ちがしたのは母さんの温もりだったから…と説明すると、ヴェーネはシリアについて話してくれました

シリア・ローズバーグシリアの魂を受け継いだセラパーソンがヴェーネ。通常はセラパーソンが前世の記憶を詳細に引き出すことは無いけれど、シリアの魂は特別だからヴェーネでもある程度のことは思い出せる。但し基本的にシリアはシリア、ヴェーネはヴェーネ。
記憶を失くしていた時はシリアの記憶を自分の体験のように錯覚していたけれど…。
レイクはそれを聞いて、「ヴェーネは飽くまでヴェーネ。俺の母さんは、母さんは死んだんだと言いました。
そして、ヴェーネからついに聞かされることになります…レイクの運命を。ドナルドを同席させた上で、話は始まりました。
彼はドナルド・ヒューストン博士ガイアキャンサー研究の第一人者にして、ガイアキャンサーの発見者、そして名付け親。嘗てはC.M.G.C.特別顧問も歴任して、今ではオーグ専属の研究者
レイクがフェジテに来て川辺に寝ていた原因も、元を辿ればドナルドの責任であると言います…そう言えばどこかで見たことがあると思ったら、あの時にレイクを起こした老人はこの人物です。
ドナルドはレイクを起こした時、レイクの正体に気付いていませんでしたが。
レイク出生の秘密については、ドナルドが話してくれるそうです。
『プロジェクト・セラフィックブルー』…"総て"は、其処から始まりました。ガイアキャンサーを一つ一つ潰していても、埒が明かない。そこで発案されたプロジェクト。
プロジェクト・セラフィックブルーの発端
この方法を用いることで『ガイアリバース』現象が起こるそうです。星の復活ってことですね。
母親がパーソン、父親がセラパーソン…つまり、レイクがその鍵である『セラフィックブルーの本体』なのです。
パーソンとセラパーソンのハーフ…セラパーソン自体が不安定であるため、ハーフは更に不安定な存在だと言います。
では何故レイクは今まで無事に生きてこれたのかと言うと…
本体を支える両親
母親と父親の存在によって支えられているから、だそうです。
その様子は三者一体の天使のようであることから、「星を救う天使」という意味を込めてコードネーム『セラフィックブルー』と名付けました。
そして、パーソンサイド存在安定因子…母親側をセラフィックブルー第1片翼、セラパーソンサイド存在安定因子…父親側をセラフィックブルー第2片翼、そして両者の子供をセラフィックブルー本体と。
現在は亡きシリアの代わりに、ヴェーネが第1片翼として機能しています。
…しかし、レイクが存在しているのに何故ガイアリバースは起こっていないのでしょうか?
ガイアキャンサーも簡単に消滅してくれるほど甘くはありません。残り6個となったガイアキャンサーと、実行者エンデが妨害しているそうです。
エンデ君がレイクとヴェーネを狙って来たのは、それが理由だったんですね。
だから、ガイアリバースを起こすためには残り6個のガイアキャンサーとエンデ君を倒す必要があるわけです。
その事実を知り、レイクはあっさりと受け入れました逃げても無駄。立ち向かう以外に道が無いから。エンデは個人的に潰さないと気が済まないから。

しかし、その誕生までの道のりは非常に険しいものでした。
あらゆる方法を試したものの上手く行かず、犠牲者は増えるばかり…そこで、敢えて全てを自然に任せる方法を選びました。
若い男女をグラウンドへ派遣し、パーソンに成り済ましての日常生活を送らせるという方法を。
元々はC.M.G.C.の新米だったユアンも、その任務を受けたうちの一人でした。
…しかし、任務は予定通りに遂行されたわけではなかったのです。

話が長くなりそうなので、今回はここまで。
次回はユアンとシリアの出会いと結末、そしてレイクの決断、かも…?

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「ユアン・オースティンか。…分かってるな?」「分かってるさ。親父だ」

>「とんだバカ息子…母さんだって、そう思ってるだろ?」と言うレイクに対して、「気付いていたのね…」と、ヴェーネ。

(゜Д゜)ポカーン

れ、レイクとヴェーネにちょっと萌えてた私の気持ちは一体どこに…。

だ、だってメリィさんが書いてたんだもん。「この辺のレイクとヴェーネはいい雰囲気」とかそんな感じのことをどっかに書いてたんだもん。
クリア済みの人がそういう風に書いてたら普通「ああこの二人は萌えるカップルなんだな」って思うじゃないですかあぁ!

…いや頭ではわかってますよ、ヴェーネとレイクのお母さんは別人だってことはw
でも衝撃だったんですって本当に。「ファッ!?」となるぐらいには。

しかし、これでそろそろ物語が冒頭の展開に繋がりそうですね。楽しみですw

>ナルさん

いつもコメントありがとうございます!(`・ω・´)

> れ、レイクとヴェーネにちょっと萌えてた私の気持ちは一体どこに…。
> クリア済みの人がそういう風に書いてたら普通「ああこの二人は萌えるカップルなんだな」って思うじゃないですかあぁ!

初見の方でも読める旅日記をモットーに進めているので、初見の方をミスリードする勢いでやってますよ\(^o^)/←
でも個人的に第一章の二人の関係は凄く好きなんですよ、初々しいカップルみたいで…だから嘘は書いてないですよ嘘は!!w
今でもヴェーネが誰かとくっつくとしたら、レイクが良いって思ってますし…まぁ、私の本命はフョードル×ハイディなんですけどね!(※ただしフョードルは永遠の片想いである)

> しかし、これでそろそろ物語が冒頭の展開に繋がりそうですね。楽しみですw
第14回でようやく2年前の誘拐事件の真相が判明しました、長かったですねぇ…w
第15回は初登場のキャラ視点で始まる上、開発主任二人組ではないですが推しキャラの一人が出てくるので、明るい雰囲気の旅日記になるかと思います(`・ω・´)
プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。