スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 23

ユアンとケインはフェジテの要人(デイジー達)の護衛のために、オーグ本部に残ることになりました。
…しかし、ユアンが残るのには他にも理由がありました。薬を飲んで抑えている病気が、かなり進行してきているようなのです。
ドナルドさんに薬を強く出来ないかと相談した後、ユアンは「レイクとヴェーネは大丈夫なのか?」と言いました。
ドナルドさんは「レイクは大丈夫だが、ヴェーネはお前さんと同じ立場に在る」と言います。若いから大丈夫というものではなく、片翼になってからの経過時間に依存した病気のようです。
ということは、セラフィックブルー特有の病気なのでしょうか…?

レイク達の出発の直前。
デイジーがミネルヴァに、フェジテの血統にのみ伝承される秘術『クィーンズジャッジメント』の解禁を言い渡しました。
代々女王に動乱への備えとして伝承されてきた秘術ではあるものの、今まで行使されたことは無かったそうです…が、解放戦争になってしまった今こそ、行使される時なのです。

ロビン秘密工場には、小島の一見何も無いところから入ります…流石は秘密工場、目印なんか用意してないんですね。
工場内部はセキュリティを解除しながら進んで行きます。結構行ったり来たりすることになるので、ザコ戦を挟みながらだと今どこに居るのか分からなくなりやすいのは方向音痴の私だけでしょうか…?
ザコ敵は全て機械系なので、水属性に弱いです…が、同時に状態異常が一切効きません。今までフォクシーの「フォビドゥンフレグランス」が優秀だったのですが、今回は頼れないのでちょっと辛いです。

工場の奥まで進むと、なんと待っていたのはハイディとフョードル!
ハイディが「妨害が予期されるとは聞いていたけれど…。まさかクィーン・ミネルヴァの御来駕とは」と言うと、ミネルヴァが驚きました。女王だと知っているということは、フェジテの人間に違いないのだから…。
「ハイディ・バーミンガム。元はフェジテのエンジニア、今はロビン開発部門幹部」と、自己紹介するハイディ。
「俺はフョードル・ヴォロネシ。まあセラパーソンじゃないんだが、それでもハイディと同じくロビン開発部門幹部さ」と、同じく自己紹介するフョードル。
しかしミネルヴァはフョードルには見向きもせずフェジテに対する裏切りを行っているハイディを非難します。
それでも私は故郷を売った。クィーン・ミネルヴァに反旗を翻した。そして何より、それを詫びる事も撤回する事も、私は行う意志が無い。ナンセンスよ。この"転機"に立ちながら"種"に固執するなんてと、冷静に答えるハイディ。
ミネルヴァが落ち込む一方で、ハウゼンは怒りました。「貴様ァ…!万死に値するぞ…!」
おお、怖い怖い。ハイディ。少しばかり怒らせ過ぎだぜ?」…フョードル、めっちゃ軽いです。
「今更同じ事よ。求められるのは神をも恐れぬふてぶてしさ。他人事みたいな言い草で。貴方だって同じでしょうに。貴方と私、知る物と見る物に相違は在れど、咎人としては等価なのよと、ハイディ。
「小難しいぜ」…フョードルに全力で同意します。
「まあ良いや。そろそろお仕事と行きますか。足止めで良かったんだよな?と、フョードルは理解することを諦めて本題に移りました。
「倒せれば申し分無し。最低限度、"定刻"までの足止めを行う事」
「了解」
頭脳派の人間が足止めなんか出来るのか?と問うレイクに対し、
「その点は御心配無く。こう見えてフェジテ魔法アカデミーの実戦レベルの資格を持っているから」と言うハイディと、
「俺も火器取扱じゃあ一端の資格を持ってる。ザコ戦闘員よか余程使えるってんで、俺達が足止め役に大抜擢されたのさ。あんた達こそ火傷しないように気を付けるこったと言うフョードル。
「さあ、行くわよ!」…このハイディの一声で、戦闘開始です。
倒すならフョードルから。
戦闘が始まると、ハイディから忠告がありました。フョードルから先に倒してほしいのだそうです。
「其処まで自分が可愛いかよ」と文句を言うフョードルに対して、貴方は基本的にデリケートで窮地に弱い。私が先に倒されて独り残されたら、何をするか分からないと言ってるの。違うかしら?と言うハイディ。フョードル、何も言い返せず。
でもなー、どうしよっかなー。罠かもしれないしなー。だって、ハイディのほうがHP低いし、攻撃力高いしなー。
そんなわけで、ハイディの忠告を無視してひたすらハイディを殴りまくり、何とかハイディを倒すと…フョードルが、「おい!俺一人かよッ!畜生ッ!こうなりゃ自棄だッ!行くぜ最凶兵器ィ!と叫びました。
行くぜ最凶兵器ィ!
な、何ですか、その『最凶兵器』って…物凄く嫌な予感がするのですが…?
γラディエーション発動!最凶兵器の威力
嫌な予感に従ってハードディフェンスしても、全く意味無し。HP減ってなかったハウゼンすら即死であっさりゲームオーバーです。
フョードル、実は物凄く強かったんですね。レイク達を倒したから出世間違い無しですね、やったね!
…なーんてことには、まぁならないんですよね。レイク達が勝たないと話進まないんですよね。
わかりましたよ、フョードルを残すと最凶兵器「γラディエーション」を使ってきて全員即死なんですね?つまり、フョードルを先に倒せば良いんですね?
じゃあハイディの忠告に従ってフョードル先に倒しますよ、フョードルは水属性に弱いらしいので水属性で攻撃しまくりますよ。
メルクリウスフリーズ発動!レベル5魔法の威力
…え?ハイディの「メルクリウスフリーズ」であっさり全滅、だと…!?(※元々パーティのHP減ってましたが、フォクシーが受けたダメージからして全快でも壊滅状態になります)
どっちも強いじゃないですか、どうするんですかコレ。
エンジニアとして優秀な上、戦闘でも優秀とか反則にも程があると思いますよお二人さん?
…わかった、わかりましたよ。「メルクリウスフリーズ」はフィールドの水属性を消費しないと使えないらしいので、水属性を出さずにフョードルから倒せば良いに違いありません。
フョードルを先に倒すと、ハイディは今まで(フィールドに水属性が無い限りは)レベル3魔法しか使ってこなかったのに急にレベル4魔法を使ってくるようになります。
これはこれでキツいのですが、フョードルの「γラディエーション」と比べれば遥かにマシなので耐えるしかないです。
さっきの2回は分かってて意図的に全滅しましたが、本気でやっても2回全滅しました…ハイディとフョードル、強過ぎます
…でも、そんな二人が大好きです。

何とか二人を倒すと、「何だよ…。こんなに強いなんて聞いてないぜと言うフョードル。どう考えてもこっちの台詞です本当にありがとうございました。
しかし最初に言った通り、ハイディとフョードルは飽くまで足止め役「そろそろ引き際ね。時間も稼げたしと言って、ハイディは踵を返します。
何の時間稼ぎかと問うフォクシーに対して、答える義務は無いわ。知りたければ自分達で確かめる事ね」と突き放すハイディ。
それでも「待ちなさい!」と引き止めようとするミネルヴァに対し、ハイディは仕方なくヒントをくれる気になったようです。
「ではヒントを一つだけ。此処に在る飛行船は、全てフェジテ軍の有する"デイジー機"のコピー。その名を"黒獅子機"と言う」
「最悪のセンスだな」と言うレイクに対して、それに関しては同意よとあっさり認めるハイディ。多分、ゲオルクに対する忠誠心なんか無いんでしょうね。
「程無くして十匹の黒獅子は翼を生やし、黒死の翼へと変わる。そしてその内の一匹こそは、天を紅に染め、全てを灰燼と化する破滅の使徒。無限<メビウス>の翼を携えて、彼は天に牙を剥く
…謎の詩的な表現(?)をした後、「それでは御機嫌よう。クィーン・ミネルヴァと、その従者の皆さん」と言って去って行くハイディ。
この発言をヒントに、ヴェーネは黒獅子機のうちどれか一つに爆弾が仕掛けられていることに気付きました…フェジテ軍と交戦したら敵味方関係無く全て吹き飛ばす、恐ろしい方法です。
しかし、既に全ての機体は離陸間近。一つずつ虱潰しに探している暇はありません。1~10号機のどれかを選んで、それが当たりであることに賭けることになります。
…ここで先ほどのハイディがくれたヒントが活きてきます。ちなみに、外すと強制ゲームオーバーで再度ハイディとフョードルに勝たないといけません。厳し過ぎます。

ハイディとフョードルがどこかへ行ってしまったので、今回はここまで。
次回は爆弾の発見と大き過ぎる犠牲、かも…。

おまけ(※個人的なハイディとフョードルに関する呟きです)

今回の更新は今までで一番楽しかったです。
やっぱりハイディとフョードルが活躍するシーンが入っていると、やる気が全然違いますね。
一組のボスだけで画像6枚も使っちゃってるあたりから、ハイディとフョードルに対する愛を感じていただければ嬉しいです。
余裕があればフョードルが設置した地雷でハイディがダメージ食らう(※地雷は敵味方関係無く、次のターンに行動する人がダメージ受けます)シーンも入れたかったのですが、狙ってそのシーンを再現するのは結構難しい&今回更新分でちょうどSeraphic Blue画像アルバムが100枚になったので、キリの良さ的な意味でも諦めました。
とりあえずフョードルの「行くぜ最凶兵器ィ!」は絶対やりたかったんですよ、先日pixivに投稿したイラストのタイトルはこのシーンが元ネタなので…。そしてコレをやると、ハイディの「メルクリウスフリーズ」も紹介しなきゃハイディの強さが伝わらないですし…削れないですよね、うん。

…この二人、確か今後またしばらく出てきてくれないんですよね。
ただ、次に登場するシーンこそ一番の萌えシーンだったはずなので、今後はそれを目指して頑張ります。

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中々コメントできずすみません。ナルです。

……実は、ものすごく長いコメントを書いたんですよ。色々書いたんですよ。
それが。
ネットの接続不良で全てパーになりました……。ああ……。

とりあえず、一番伝えたかったことだけを。

>「行くぜ最凶兵器ィ!」
これ、うちのプレイ日記で使わせていただきますねw
具体的には「ひかりのたま」を使うあたりでww
「行くぜ最凶兵器ィ!」

>ナルさん

いつもコメントありがとうございます!(`・ω・´)

> ……実は、ものすごく長いコメントを書いたんですよ。色々書いたんですよ。
> それが。
> ネットの接続不良で全てパーになりました……。ああ……。

な、何という事でしょう…出来れば全文読みたかったです(´;ω;`)

> これ、うちのプレイ日記で使わせていただきますねw
> 具体的には「ひかりのたま」を使うあたりでww
> 「行くぜ最凶兵器ィ!」

コレ、絶対名言ですよね。
なんか、馬鹿っぽくて可愛いんですよね…気に入っていただけて何よりです\(^o^)/

あと、先日のナルさんのブログのコメント返事を読んで、かなり元気になりました(^q^)
もっとハイディとフョードルに萌えてくれても良いんですよ?w
一生懸命書いてるのは事実ですが、毎日更新は私の楽しみなので大丈夫です!(`・ω・´)
プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。