FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 56

フリッツは、フェジテガーデンでヴェーネについて考えていました。
「こんな運命しか、辿る事が出来なかったのだろうか…」
フリッツは、父親であるジークベルトについて、冷たい人であると思っていました。そして、小さい頃はそれが恐怖でした。
彼が2才の時にヴェーネが誕生したことにより、ジークベルトの興味の全てはヴェーネに向けられました。それからは、ジークベルトがフリッツを構う事は無くなりました。
母親は、フリッツが生まれて半年後に家を出て行ったそうです…ジークベルトは自分の子供を作る目的で結婚しただけで、子供が生まれたら用済みと言わんばかりに邪険に扱ったのだとか。
ジークベルトに"力"が在ったせいで、母親には愛されていたものの、母親がフリッツを引き取る事は出来ませんでした
…10年前、ジークベルトに呼ばれたフリッツが出会ったのは、ヴェーネでした。ジークベルトの目的は、ヴェーネの自傷行為を解決するための、情操教育プログラム
フリッツには友達が殆ど居なかったため、ヴェーネと過ごす時間は楽しかったそうです。
その為か、機械の様に無機質な反応だったヴェーネが徐々に人間らしさを見せ始めたそうです…気付いた時には、ヴェーネの存在はフリッツの中で最も大きく、大切なものとなっていました
しかし、プログラム開始から1年後。その日々は終わりを告げました。
フリッツはインターンとしてフェスクへ配属され、ヴェーネの自傷行為も大方解消されていた事から、プログラムは終了してしまったのです。そして、フリッツはヴェーネに会う事が出来なくなってしまいました
…しかし、5年前。フリッツはヴェーネに再び出逢ったのです。
黒い翼のヴェーネ
黒い翼が生えてしまった、ヴェーネに…。
絶望のフリッツ黒い翼のヴェーネと向かい合うフリッツ
ヴェーネ…?ヴェーネーーーェェェッ!!!!
いやだァ…!死んじゃいやだァ…!
「お前は当ミッションに於いて、役立たずどころか妨害因子と成っている。セラフィックブルーを保全するこの重要任務を妨害するなどとは…存在価値の格差を知れェ!お前如き無能の生命100万個は、セラフィックブルーのそれ1個にも劣るのだ!
「違う…。セラフィックブルーじゃない…。ヴェーネ…。ヴェーネ・アンスバッハだ…!
「何を言うかと思えば。道具を人と見做して思い入れるなど。馬鹿な息子を持ってしまったものよ。さあ、出て行け。これ以上邪魔立てするのならば、お前を国家反逆者として捕縛する
…フリッツはヴェーネのクローニングミッションに於いて、末端の助手に志願したものの、クローニングルームでヴェーネと対面し、為す術も無く崩れ落ちてしまったのです。そして、何も出来ずに追い出されてしまいました。
周りの大人達は"セラフィックブルー"のことばかりで、"ヴェーネ"に生きて欲しいと願う人間は、誰一人として居ませんでした。
だから、フリッツは自分一人だけでも、この真心を届けなくては…君は人間なんだと、どんな小さな声でも叫ばなくては…そう、考えました。
そして、ジークベルトに「もう一度だけチャンスを下さい、ヴェーネを救いたいんです…!」と懇願しました。ジークベルトは「それでお前の気が済むのならば」と了承しました。
…そんな経緯の上で、ヴェーネは今も生きているのです。

一方、オーグの中庭ではドナルドとヴェーネが話していました
ドナルドは、遅発性ディスピスが発症しなかったのではなく、既に発症した後だったとは…と語りつつ、2年前に会った時に違和感があった理由はそれだったのかと納得していました。
そしてミネルヴァが、準備が出来た事を知らせに来ました。ヴェーネはミネルヴァと共に、中庭を後にします。

フェジテガーデンに着いて、ついにヴェーネとオリジナルヴェーネが5年振りの対面を果たしました。
5年振りのオリジナルヴェーネとの対面現在のオリジナルヴェーネ
「会いに来たわよ…。ヴェーネ…。何時も貴女と話はしていたけれど、こうして会うのはもう5年ぶり…」と、ヴェーネ。
「やはり此処だけは、あの日から時の流れが止まっている。何から何まで、まるで昨日の事の様だ…」と、フリッツ。
ジークベルトは一人でゲームが面白く成っているだの何だのと喜んでいましたが、ヴィルジニーに「黙れ」と一蹴されました。ざまぁ。
「お前は如何もゲオルクに似ている。無性に殺したいのよ。だから黙ってなさい」
「……!くそう…!」珍しく言い負かされるジークベルト、超いい気味
ヴェーネはオリジナルヴェーネと対話して、自分の中に迎え入れようとしましたが…そこに、エンデ君が登場。
「悪いね。感動の御対面の最中に。まあ取り敢えず、レイクの件はご愁傷様。元気出しなよ」
「黙れェ!」…ヴェーネが珍しく感情的になってます。
「おお恐っ。けど完全体に成られるってのは、ボクとしても流石に困るんだよな…。邪魔させて貰うぜ
…そう言って、エンデ君はヴィルヘルミーネを召喚しました。オリジナルヴェーネのところに。
こんな状態では対話なんて出来ません。
オリジナルヴェーネの暴走
この肉体<器>を倒して、遊離した私を取り込むのよ。
「たとえルシファーであろうとも、この肉体は紛れも無い君自身の肉体なんだ…。それを滅ぼす事なんて…!」
「大丈夫よ。どうせ結果は同じ。私が貴女に回帰する事は、必然的に私<オリジナル>の完全な死を意味する…。貴女達だって、初めからそれを分かった上で此処に足を踏み入れたのでしょう?」
さあ…力を出して…。越えて行くのよ…。この骸を…!
「来なさい!ヴェーネ!貴女は…この手で眠らせる!

…というわけで、ヴィルヘルミーネ・ヴェーネと戦闘になります。
個人的には10体のガイアキャンサーの中では最強だと思います、一周目では5回くらい全滅したと思います。
場の属性を上手く操作出来れば、そんなに苦戦しないのですが…ちょっとしたミスが命取りになる、恐ろしい敵です。

オリジナルヴェーネとの最後の会話
「何故…謝るの…?」
「貴女は何時も私と共に在り、折に触れて私の事を気遣っていた…。なのに私は、つれなくあしらってばかり…。本当は…貴女の存在が私の大きな支えに成っていた…。どんな事があっても、貴女が居て呉れる。たとえ世界中の総てを失おうとも、貴女だけは…。決して…私から離れる事は無い…。孤独でない保証…。運命付けられた絶対のパートナー…。その揺ぎ無い事実が、私の意識しない所で、静かに私を支えていて呉れた…。だからこそ、私は此処まで来れた…。今まで、有難う…
「お礼なんて良いわ。私は貴女。支え合う関係、パートナーではなく…。共に生きる存在
怖いの…。貴女が消えてしまう此処からが…。此処より遂に…。私は絶対の孤独に生きるのかと…
「私は消えないわ。貴女と一つ、あるべき姿に還るだけ。私は貴女として、貴女が生き続ける限り、共に生き続ける。だから…決して独りには成らない。恐れないで。必ずその足で、何処までも歩いて行ける。そして見上げる青空を、その大きな翼で、何処までも飛んで行ける
「……」
「さあ…。私と一つに成りましょう…。永遠に結び合う誓いとして…」
「ええ…。還って来て…。私の中へ…。そして…有難う…。世界で最も近しい、私の大切な人…
「さよならは、言わないわ」

さあヴェーネ、もう少しよ。
少しずつ、あなたは近付いている。
誕生、本当の始まり。真なる蒼天に溶ける運命の続き。
きっと聞かせてくれる。そして一緒に奏でよう。
伝えそびれた気持ちを込めて、消えてしまった日々を乗せて。
あなたの、涙の産声を。


無事にオリジナルヴェーネを迎え入れる事が出来たところで、今回はここまで。
次回は或る人物の死とエルの謎、かも…?

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
スチパンシリーズの主題歌にジュヴナイルというタイトルのものがあると知り、一気にその歌が好きになりました。ナルです。

物悲しい展開ですね…。
し か し。
目が! 目が、茶化すポイントを探してしまう!
…ええ、流石に今回はそんなの見つかりませんでしたとも。

今回の話を読む前までは、オリジナルヴェーネが敵になる展開を予想してました。
そうならなくてホッとした反面、ちょっぴり斜め上を行かれた気分。
続きを楽しみにしてます。

>ナルさん

コメントありがとうございます!(`・ω・´)

> スチパンシリーズの主題歌にジュヴナイルというタイトルのものがあると知り、一気にその歌が好きになりました。
な、なんだってー(AA略
フョードルのテーマソングですか、青二才全開な単純バカワイイ電波ソング的なアレですか!?(絶対違う

> 目が! 目が、茶化すポイントを探してしまう!
> …ええ、流石に今回はそんなの見つかりませんでしたとも。

ジークベルトの扱いは茶化されても良いと思います\(^o^)/←

> 今回の話を読む前までは、オリジナルヴェーネが敵になる展開を予想してました。
> そうならなくてホッとした反面、ちょっぴり斜め上を行かれた気分。

オーファさんは最後までヴェーネの可能性を信じる良い人でした…でもヴィルヘルミーネ・ヴェーネは一周目で詰んで泣いたレベルに強いボスなので、個人的には充分(エンデ君のせいとは言え)恐ろしい敵でしたよorz
プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。