FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 63

ダールディンの絶壁管理局に着くと、すぐにデータを見せてもらう事が出来ました。
男性の方はジョシュア・クルスク。女性の方はレオナ・クルスク
関係は夫婦で、両名とも7年前の同じ日時に絶壁より投身自殺。典型的な心中です。
「一つ訊くが、死んだのが実は別人だったという事は無いのか?」と、ランサード。
それは在り得ません。歯の治療痕も含めた身体的特徴、果てはDNAまで。全てが本人の物だと確認されています。従ってこの2名は間違い無くジョシュア・クルスクとレオナ・クルスクです」と、職員。
「そうか…。……!家族関係…。長男ケイン・クルスク…。長女アイシャ・クルスク…。死亡…?
ああ、それですね。自殺の動機でもあるんですよ。10年前に当時5才のアイシャが遅発性ディスピスからルシファー変異症を発症、グラウンドへ廃棄処分。その後両名はDLG法遺族会に入会するも、気力の充実を得る事が出来ず重度の鬱状態に陥り…。7年前、長男ケインと共に此処を訪れた上で、ケインを残して投身自殺に依る心中を図った。これが一連の経緯です」

マリバンドホープの景色を眺めながら、ヴェーネはランサードが納得していないと呟きます。それにミネルヴァも同意しました。
でも何でケインの両親が黒幕だなんて突拍子も無い発想が…?剰え母親の方はハイディだと言い切る始末」と、ミネルヴァ。
もうケインの両親が黒幕でも良いから、ハイディは無関係であって欲しいです…ケインの母親の名前はレオナだったじゃないですか、それならハイディとは別人で良いじゃないですか…。
私も知らないわ。兎に角俺を信じろの一点張り。部屋に篭る気も起きなかったから、こうして来てはみたけれど…」
「7年も前に死んでしまった人間が黒幕に成れる筈が無い。無論、ハイディとケインも全くの無関係。また部屋に篭り直し」
うん、それで良い。はい、この話は終わり!
ハイディはカーチスに先立たれはしたけれど、今はケインに似た息子とアイシャに似た娘と一緒に暮らしてる…それで、良いじゃないですか。
「それでも彼は言い張るんでしょうね。俺を信じろと」
現に遺体が揚がって本人と確認されてるのに。クールに見えて意外と頑固。挙げ句の果てには言うに事欠いて、こうとでも言い出しそうよ」
その死体は、実は偽者だったんだ!
…そこまで言って、ミネルヴァは気付きました。
素体で偽装処刑…
夢売りのマルゴなら、それが可能。
そして、以前マルゴの店で機械を動かしてしまった時に見た素体作製リストその中に、二人の名前があったということに。
「ランサード。貴方は正しかった。ケインの両親は…死んでない…!直ぐにエンヴィに向かって。エンヴィ・ケイオスのマルゴ狂夢堂に
わたし、こんな世界、もういやだ。ベネディクタじゃないですが、心壊しそうです。

一方、ジェラールはついにプロテクトの解除に成功し、特大サイズのダイアリードキュメントを見付けたようです
ファイルネーム「我が愛娘の記録」
…しかし、ファイル自体にもプロテクトが掛かっています。パスワードの入力が必要のようですが…画面には、意味深なメッセージが
パスワード入力画面

ヴェーネ達はマルゴ狂夢堂に向かいました。
そして、ミネルヴァが素体作製リストを見せてもらえるよう頼みました…と言うか、勝手に端末を弄り始めました。
ジョシュア・クルスクの名前レオナ・クルスクの名前
ありました、二人の名前が…。
マルゴさんは「もう随分前の事だけど、夫婦での依頼なんて珍妙なの後にも先にもそれっ切りだからね」と、当時の事を覚えているようでした。
素体を作って呉れと、随分な金を積んだ後はだんまり。だから、余計な事は聞かなかったのだと…。
そしてミネルヴァの様子を見て、勝手にズカズカと入り込んで来る様子がキャサリンとそっくりだと言い…後でニクソンに来て欲しいと伝言を頼んできました。渡したい物があるそうです。

偽装投身自殺。
7年前、ジョシュアとレオナはこの街を訪れ、各々自分の素体をマルゴに作って貰い…それをマリバンドホープから投げ捨てた
素体は魂を伴わない"それ自体"としては死体と同じに認識されるだから管理局の遺体処理の担当は、当然の如く"何時もの"遺体として処理する。
まさかそれが元々生命を持っていない素体であったなどとは、夢にも思わずに。
…と、言うのがミネルヴァの推論です。
普段マルゴさんに素体を依頼する客の事を考えると、"真っ当でない"使い道であろうことはほぼ間違いありません。
偽装投身自殺と成れば、目的は言うまでもなく、自分という存在を社会から消し去る事。そしてその上で、全くの別人として生きる事
例えばハイディ・バーミンガムとか。
唯…問題は"その必要性"です。エンデに取って代わるだけなら、態々別人に成る必要は一切無いのだから。
何故二人は、そんな面倒な手順を踏んでまで別人に成り済ましたのでしょうか…?
そして、「レオナ=ハイディ」だと仮定して、残ったもう片方…ジョシュアの正体は、誰なのか
レオナがハイディというエンジニア、それもロビンのラージュプロジェクト第一主任なんて結構な社会的立場に居た以上…ジョシュアもまた、それなりの社会的立場である可能性が高いです。
つまり、政府関係者に成り済ましているかも知れない。だから、絶壁管理局からジョシュアのデータを取り寄せ、城のデータベースと照合してみることにしました。
…その話の流れの中で、ランサードはディザスティアの情報が見たいと言い出しましたディザスティアの原体が知りたいのだ、と。
心当たりは一つ…アイシャ・クルスク

そんなわけで、城に向かいました。
門に居る兵士に対して、ミネルヴァが「デイジーに会わせて。実行者の正体が掴めそうなの」と言うと、直ちに手配してくれることになりました。
そして、城のデータベースの照合は20分弱で終了
先ずはディザスティアの件について。
10年前グラウンドに廃棄され、その後2体のガイアキャンサー、エスメラルダとユスティーネが結合しキャンサーイーヴルへと変異…。
グラウンドに一大災害を引き起こした史上最悪のルシファー、通称イーヴル・ディザスティア
その原体を調べた所、一人のセラパーソン女児が確認されました。アイシャ・クルスクです。
彼女が遅発性ディスピスからルシファー変異症に至ったのは5才の時。その後ルシファーとしてグラウンドに廃棄された"彼女"は、ディザスティアとして約半年間、其処で猛威を振るいました。
そして何という偶然か。彼女がパーソンに依って打ち倒された日は…。
「アイシャの6歳の誕生日だった」と、ランサード。
過去と現在が交差する場所に浮かぶ、たった一つの真実<ぜつぼう>。
もう一件、ジョシュア・クルスクについて。
同一と思われる人物は、カーチス・ハミルトンDNAデータが完全に一致したそうです。
ジョシュア・クルスクが成り済ました人物
この人ですね。網膜パターンを貸してくれた人です。
ちなみに、C.M.G.C.本部の事件で"死亡"ではなく"行方不明"と成っているそうです。
…という事は、同じく行方不明のハイディと合流して、エンデと共にホワイトウィング・ラボラトリーを襲撃。ディザスティアの核を奪うと同時に、その場でエンデをも打ち負かした…。
ディザスティア即ちアイシャ・クルスクの両親、ジョシュアとレオナ。
この二人こそが、ディザスティアの核を奪い去り、エンデを倒して新たな実行者と成った、真の黒幕
だとすると…動機は、やはりアイシャ…
エイブラムとは違い、何も言わずに行動だけを起こした、最も始末の悪い、不言実行の人。終末を待望するどころか、自らの手に依って終末をもたらそうと考えているのでしょう。
そして、ディザスティアの原体はアイシャ…だからディザスティアの核を奪う事で、娘との儚き再会を果たした…
…手掛かりの無い状態から、ランサードの意見で全ての謎が解き明かされました。ヴェーネがランサードにその理由を尋ねると…
ディザスティアの丘。其処で全てを語ろう。或いは…"彼ら"も聞きに来るかも知れない。過去と現在が交差する、運命の歪<ひずみ>だ
ランサードが立ち去った後、デイジーはヴェーネに「親友は居ますか?」と尋ねました。ヴェーネは「居たとしても、昔の話よ」と言って立ち去りました。

フォクシーには、何やら気になる事があるそうです。
"カーチス=ジョシュア"…。カーチスは、ケインの親父だった…。
ケインは、カーチスの作った爆弾で死んだ。そしてその時、向こう側のドアは開いていた。まるで外に出てくださいと言わんばかりに…。
あの時ユアンは「亡骸までも、蒸発して吹っ飛んでいるだろう…」と言っていた…。
…やめてくれよ、そんな冗談。

ジョシュアとレオナは娘想いな良い両親ですねと思いつつ、今回はここまで。
次回は娘想いではない母親が登場する、かも…?

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、ナルです。

セラブルって「壮大な家族愛(鬱)」の話だったんですね…。
まさかハイディさんがそんな役回りだったなんて…!
フョードルと部下に対してだけドSかと思いきや、世界全体に対してドSだったんですねあの人! あとお宅の息子さんの名前間違えてすいませんでした!

次回、いよいよ秘密の多くが明かされそうで楽しみです。
しかし…、ランサードさん。
この怒涛の展開の中で「場所を変えよう。話はそれからだ」的なこと言えるとかあなたのハートはどうなってるんだ。

>ナルさん

コメントありがとうございます!(`・ω・´)

> セラブルって「壮大な家族愛(鬱)」の話だったんですね…。
> まさかハイディさんがそんな役回りだったなんて…!

まぁ、そんな感じです…ヴェーネ達についてもセラフィックブルー3人の家族愛(鬱)が根底にあるわけですからねぇ(´・ω・`)
第1回のキャラ紹介でハイディについて「メインのストーリー的にも彼(フョードル)以上に重要な存在だったりする」と書いたのは、こういう理由だったんですよ…(´;ω;`)

> フョードルと部下に対してだけドSかと思いきや、世界全体に対してドSだったんですねあの人! あとお宅の息子さんの名前間違えてすいませんでした!
世界全体に対してドS…何と言う的確な表現\(^o^)/
レオナ様の本気はメルクリウスフリーズ程度じゃ済まないので、ひょっとしたら命の危機かもしれません(´・ω・`)←

> 次回、いよいよ秘密の多くが明かされそうで楽しみです。
ドリスの母親イベントの関係で、ランサードの過去話は第66回になる予定です…ハイディとフョードルだけでなく、ドリスとニクソンが絡むイベントは細かく紹介したいので(´・ω・`)

> しかし…、ランサードさん。
> この怒涛の展開の中で「場所を変えよう。話はそれからだ」的なこと言えるとかあなたのハートはどうなってるんだ。

話はクルスク一家にも聞かせたいけど、流石に城の中までは来れないだろうというランサードなりの配慮…なんですかねぇ?(´・ω・`)
とりあえずディザスティアが倒された場所という事で、少なくともランサードとクルスク一家にとっては(悪い意味で)思い入れのある場所なんだと思います。。
プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。