FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 66

改めて、ディザスティアの丘に向かいました。
ランサードの昔話
"それ"は無知である事の幸福と不幸、或いは功罪を、俺に教えて呉れた。
俺がバウンティハンターに成ったのには、一つの明確な理由が在る。正義だ。
「正義…?バウンティハンターがですか?と問うニクソン。
俺の父親は、如何やら殺し屋の端くれだったらしい。
腕も立って、通り名も持っていたと、風の噂で聞いた事も在る。
付け加えるならば、何処かの仕事でミスを犯して殺されたとも。
"人殺しは悪だ"。父は口癖の様に俺に言っていた。
まあ今でこそ、その字面通りには捉えていない。
所詮は外道の稼業。万が一にも俺が同じ道を歩む事を怖れていたのだろう。
確か16歳の頃だったろうか。俺も通例に漏れず多感な日々を送っていた。
そしてそんな中で、俺はふと疑問を抱いた。
今まで自分は、父の仕事に関して何も知らされていない。
面と向かっても聞き辛かった俺は、或る日、身支度して出掛ける父を密かに付けた。
父はそれに"気付かなかった"。俺に現実を見せる頃合を感じていたのだろう。
そして父は俺の視線の先で、何時もの仕事をやって見せた
翌朝から俺は父と口を利かず、家出をしたのはそれから一ヵ月後だった。
ずっと人殺しを悪と言い続けて来た、その父の行い。
俺は父に悪のレッテルを張り、激しく嫌悪し、反発して正義の道を歩む事を決めた
そしてイーヴルスイーパー…。人々を脅かす悪のイーヴルを狩る稼業を選んだ。
父が人を殺す悪の道を行くのなら、俺はイーヴルを殺す正義の道を行こうとな
我武者羅に剣を振るった。何処か追い立てられる様に突き進んだ。
悪しきイーヴルを端から斬り殺し、その屍の上に自分の正義の道を刻まんとばかりに。
そして10年前。奴は現れた。
グラウンドを未曾有の危機に陥れる巨悪の存在、イーヴル・ディザスティア
俺は正義の道の極みを目指し、この丘でディザスティアに挑み…。
そして、道を捨てた。
「何が在ったのですか…?その決戦の時に…と、ニクソン。
知ってしまったのだ。当時未だ知られる事の無かったイーヴルの真実。
イーヴルが、元は人間の子供なのだと。
正義の道を刻んだ心算が、結局は父と同じ"人殺し"の道を歩んでいたのだ。
散々殺して積み上げたイーヴルの骸に、己の正義を刻み付けながらな。片腹痛い。
俺はそれまでの道を棄てた。その先の道を見失った。
そしてそのまま、何の当ても無い放浪の旅に出た。
「でも何故?10年も前に、パーソンである貴方がイーヴルの真実を知る所以なんて無い筈…と、ヴェーネ。
直接誰かに言われたとか、そういう事ではないのだがな。
"或る物"を見て、その真実を察知したんだ。
ケインだ。当時まだ子供だったケイン・クルスク。
俺の前に現れた、真実を告げる天使だ。

少年の頃のケイン
勝利に酔いしれるランサードの前に現れた、子供のケイン。
彼は、何も言わずに立ち去った。
アイシャの肖像画と手紙
肖像画のロケットと、手紙を落として。
…『黒い翼』。自分を無言で睨み付けてきた少年。

俺が、この子を殺したんだ。
アイシャの六歳の誕生日。笑顔の前に、俺の"総て"が崩れ落ちた。
剣は十字架の代わりに。血塗れの骸に祈りを捧げて、俺は姿を消した。
暫く歩くと、背後から地を揺るがす歓声が聞こえた。
アイシャの亡骸を踏み付けて、人々は溢れ出す歓喜に溺れていた。
ディザスティアを…止めない訳には行かなかっただろう。
故に、分からなかった。
咎人は誰だ?恨み呪うべきは何だ?
月並みに神を恨んで、即ち全てを諦めろとでも言うのか?

後は語る程の事でもない。十年物の根無し草だ。
あの日以来、絶望に塗り潰されたこの世界で…。
其処に何の根を下ろし、何を得るのか。俺にはまるで理解する事が出来ない。
何も求めず、何も願わず。俺は風に流され続けた。
だがそんな中でも、たった一つだけ願い続けた事が在った。
この心が崩れてしまおうとも構わない。この身が朽ちてしまおうとも構わない。
だがその前に、このロケットだけは"彼ら"に返したい。
絶望の地平線で案山子の様に立っていた、たった一つの道標<ねがい>。

それ故に、俺は今日まで生きて来れた。
やっと果たせそうだ。彼らもまた、この話を聞きに来て呉れた。
俺は今こそ、この思い出をお前達に返そう!
凍り付いたこの十年の時を、今再び蘇らせよう!
さあ受け取れ!ジョシュア!レオナ!そして、ケイン!

そう言って、ランサードはアイシャの肖像画が入ったロケットを空に放り投げたのでした…。

ランサードの過去語りが終わったので、今回はここまで。
次回はついに黒幕・クルスク一家の登場、かも…。

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。