FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seraphic Blue-ジュヴナイルさんを探して- 78

翼、青空、空翔る心。そんな物、私は欲しくない。
只、何もかも終わりにしたいだけ。
行こう、最後の戦いへ。
終わらせよう、この運命を。
そして還ろう。
遥か遠い、私だけの青空へ。


…レオナ様を倒し、魂たちの揺籃に着いたヴェーネ達
ボス級の強さを誇るザコ敵に苦しめられながら、何とか先に進むと…
生命の海
この星の生命の中核である、生命の海に到着しました。
そこに現れたケインは、「海は好きかい?」と尋ねます。ケインは大嫌いだそうです。
「でしょうね。如何して貴方達が好き好むだろうか。生命の源。曰く総ての元凶たる海を
良く分かってるじゃねえか。その調子だと、言いたい事は殆ど母さんが言っちまったみたいだな」
「ええ。全てを聞いた。そして貴方達を理解した
「そいつは嬉しいねェ。で?答えを聞かせて貰おうか?母さんの最後の質問だ、最後まで俺達の敵であるか?それとも俺達に付いて、世界を滅ぼすか?」
貴方達を倒して星を救う。答えるまでもない事よ」
「へえ?その理由は?」
私はこの双翼に沢山の人々の想いを背負っている。それらを此処で棄てる事は出来ない」
「成る程、流石は救世主様。何とも御立派な事だが…。この期に及んで、まだそんな事言うかね。あんたが一番良く分かってる筈だ。今更無駄な抵抗だってのが。こっち側にはエルが居るんだぜ?
透けてんだよ。あんたの本音。今までの"過程の上"ならいざ知らず。この時、この場所、運命の終着点で。もう避ける事は出来ない。あんたとエルの意味は交代する。
エルこそ真実。あんたは偽り。違うかい?ヴェーネ・アンスバッハさんよ。
「自分で選びな」
「……?」
「暴かれるか。自白するか」
「フッ…。貴方には失望したわ…。そんな悪趣味な人だったなんて」
「エンデの喉をブチ抜いたあんたも充分に悪趣味だぜ?それに"コレ"は必要な事だ。"影"と"本体"は繋がってるべきなんだからよ
確かに、あの時の一枚絵は普通にグロでしたね…画像載せるのを断念したレベルで
「レオナの言葉を借りるわ。冥土の土産の"真実"なんて、そんなの無駄でしょう?
「けっ…。何て天使<おんな>だよ、あんたは…。消え逝く奴に語る事など無いってか?真実が欲しければ私を倒してみろってか?自己保身のクセに、能くも其処まで…
何とでも言いなさい。エルが示す私の真実を暴かれる事は忌まわしく…。しかし私から全てを語るなど、それこそは絶対に許されぬ事」
「だから俺を倒す」
両方の意味でね。セラフィックブルーとして。そしてヴェーネ・アンスバッハとして」
へっ…。上等だぜ…。其処まで言われたんじゃあ、こっちもマジでやるしかねえだろ」
「そういう事。余計<ウェット>な情など無用なものよ。必要なのはドライな思考
「だろうな。それじゃあ始めるとするか!ドライに行こうぜ!ドライによ!
…ドライに行こうぜと言いつつ、テンション高くないですか?

そんなわけで、ディザスティア・ケインとの戦闘開始です。
ディザスティア・ケイン
流石に6枚もあると、翼なのか何なのか良く分からないですね。
ケインはフィールドに水属性があると「ファイナルフリージア」という強力な魔法を使ってきます。ハイディもフョードルと一緒に出てきた時は水属性があると(当時では)ほぼ全滅確定な「メルクリウスフリーズ」を使ってきましたよね。
あと「タービュランス」という風属性の攻撃もしてくるのですが、ジョシュアも「タービュランス・クラッチ」という似たような風属性の攻撃をしてきたんですよね。
これって、やっぱりジョシュアとレオナの魂がケインの中に在るから…ですよね、きっと。
だって、元々のケインって火属性と破属性しか使えなかったんですよ…水属性も風属性も無縁、どころか水属性に至っては弱点だったんですよ。
…せっかくアイシャを宿して、ジョシュアとレオナの魂もケインの中に在って、歪んだ形ではあるものの家族四人が一つになれたのに。それでも、ケインを倒して星を救わなければいけないなんて…酷い話です。
ちなみに珍しくヴェーネが戦闘に参加しているのは、ガラテアの為です。

「ちくしょう…。前々から思ってはいたさ…。あんたは敵に回すと厄介な女だ…
「ケイン…。一応は仲間だった"よしみ"。少ないけれど。全てでもないけれど。私から貴方に、贈る言葉を
「聞かせて呉れ…」
この終末の空で、私は貴方達を知った。この運命の下で、私は貴方達を排除した。そしてこの胸の内で、私は答えを出した。貴方達に賛成よ
ですよねー、今まで散々レオナ様と似たような発言してましたもの。
「そうか…」
「変な感じがしていた。主観的な事ではあるけど、貴方達には…。モーガン、ゲオルク、エンデとかの、今までの相手の様な敵意を感じなかった。勝利しても満たされる事は無く、何処か空虚な感覚を禁じ得なかった
権力狂いでも無ければ、元々そういう存在だったわけでも無い…最初はまともな人間だったはずなのに、狂わされてしまった。そういう意味では、ヴェーネもケイン達も同じなんですよね。
「だったら…"そういう事"じゃねえかい?心の底では、このイカれた信念を共有出来る、貴重な仲間。しかしこの運命の上では、絶対に相容れる事の無い敵同士。やれやれ…。クソな運命<じんせい>だったな…」
ケインは自分の信念がイカれてるって分かってるんですね。
レオナ様も消える直前に「私達の行いは、勝ち組の歓声を黙殺し蹂躙するものに他ならない。ならばその過程に於いて、何の情け容赦も請う心算など」って言ってましたし、きっと分かってたんだと思います。
ジョシュアだって多くを語らなかっただけで、分かっていたのではないでしょうか…。
…分かっていても、アイシャを失った10年前からずっと背負ってきた悲しみや絶望は、そんな信念を持たなければ耐えられない程に重かったのでしょう。
「そうね。せめて最後くらいは、一緒にこの生命を呪いましょう。そうする事で、少しでも手を取り合えるのならば」
…生命の営みを守る側の人間がこんな事言っちゃうような世界に、未来なんて在るのでしょうか?
「悪くねえな。けどよ…"俺達"は未だ負けてないぜ。"こういう事態"は覚悟してたからな。父さんが"最後の保険"を用意して呉れてる
「分かっているわ。エルの胎動…息遣いを感じる…
「そういう事。最後の一人<アンカー>にバトンが渡った。俺達の総てを以って終末をもたらす、憑代の姫君…。最後まで相容れなかった、あんたの幻<カウンターパート>…。そして、"ねがい"…。見せて呉れるか?ヴェーネ・アンスバッハが、何方を選ぶか…。じゃあな。一足先に消えとくぜ」
あんたに逢えて、良かったよ。
この最期の一言が、不幸中の幸いな気がしてなりません…。
「そう…。こんな勝利なんか虚しいだけ…。生きる事が、斯くも虚しく寂寥に包まれて…。生命の営み…?躍起に成って守る意味を…。私は、感じない。だとしても…!エル…!お前は、私の手で滅する…!

もう意地張らずにエルと一緒に世界を滅ぼして道具扱いした奴等に復讐すれば良いよと思いつつ、今回はここまで。
次回は終末の時を目前にした人々が抱くそれぞれの思い、かも…。

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メリィ

Author:メリィ
ぷよ魔導のシェゾとウィッチ、東方の水橋パルスィが大好きです。
Seraphic Blueでは、牧師さんと魔法少女と開発主任二人組が大好きです。

カテゴリ
最新コメント
pixivイラスト
私がpixivに投稿したイラストたち。
最新記事
リンク
私の嫁は魔法使い
私が尊敬する二次創作漫画描き、りょ様のブログです。
DQ3の勇者&魔法使い二人旅や、世界樹の迷宮3の旅日記がメインです。
漫画は『ぽへぇ』というサイトのほうに掲載されています。


読書感想文なんて読書感想文じゃねえ
りょ様経由で知り合った、ナルさんのブログです。
ゲームの感想がメインのようで、現在はDQ3の旅日記を更新中です。


このブログをリンクに追加する
シェウィ好きの主張
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
二人揃ってこそ、一つの萌え。
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。